便利屋コミュニティ

便利屋フランチャイズ【大手】と【中小】どちらがいいか徹底調査

便利屋

 

便利屋のフランチャイズの中には、地域に根ざした小規模のものもあります。大手には大手の良さがありますが、開業する方の好みや目指す方向性によっては小規模の便利屋の方があっている場合もあります。

 

ここでは、大手の便利屋フランチャイズと中規模・小規模の便利屋フランチャイズを比較して、自分に合うのはどこなのか考えてみましょう。

 

大手の便利屋のメリット・デメリット

初心者であるならば、自分自信で独立開業するよりも、メリットは多いフランチャイズ。拠点数が10店舗程度以上の大手便利屋は内容がサポート内容が充実している一方で、加盟金の高さなどがあります。

 

大手便利屋のメリット
  • 研修が充実している所が多いので未経験の方でも開業しやすい。
  • ホームページの作成や、資機材を用意してくれるなど本部のサポートが充実している。
  • 知名度があるので営業がしやすい。
  • 技術だけでなく、経営ノウハウも学ぶことができる。

 

大手の便利屋のデメリット
  • 加盟金・ロイヤリティが高い。
  • 契約内容、運営方法に制限があるので合わない方もいる。

 

「開業資金の事を考えると・・・」「研修が長期間だから」という事をネックに悩む方もいるようですが、それぞれ開業資金も研修期間も便利屋によって様々なタイプがあります。

 

「初期投資が少ない方がよい」ならば加盟金が少ない所。「収益を増やしたい」という目的であれば、ロイヤリティ金額が一律で固定の所がよいでしょう。自分の目的や、開業後のことも考えながら選ぶことをおすすめします。

 

当サイトが調査した大手便利屋フランチャイズ

町の便利屋さんファミリー

 

開業コースが2通りあるので、初心者でフランチャイズでの開業という方も、個人で開業したいけれど研修は受けたいという方もおすすめ。

 

町の便利屋さんファミリー

 

1985年設立、創業33年という歴史ある便利屋です。全国に100店舗ほどあり、フジTV 「とくダネ!」、TBS「白熱ライブビビット」などメディアでの露出も多く、知名度も高いといえます。

 

加盟金払う『フランチャイズコース』、加盟金・ロイヤリティなしの『自由開業コース』があり、あまり予算がないけれど、便利屋としての技術を得たいという方も開業しやすいしくみがあります。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
100万円 月8万円 約3週間

 

便利屋ベンリー

 

初期費用として740万円以上かかるので、個人としての開業ではなく法人での開業されるのがおすすめ。

 

ベンリー

 

1990年創業の便利屋ベンリーは、便利屋のフランチャイズとして全国に200店舗以上あります。研修期間が2ヶ月ほどあり、愛知県での合宿に参加することになります。技術的な研修はもちろん、経営者としての考え方、人材育成の研修など幅広く学ぶことができます。

 

開業してからの本部のサポートが充実しており、メディアでの露出もあるので集客力もある企業だといえます。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
300万円 なし 2ヶ月間

 

クライアントパートナーズ

 

女性のみの便利屋。フランチャイズ・代理店の2パターンから開業することができる。

 

クライアントパートナーズ

 

2009年設立で創業10年、困りごとを解決するために作られた女性スタッフだけの便利屋をウリにしており、関東を中心に15店舗あります。「フランチャイズ」と「代理店」の2つの開業方法があり選べる形です。

 

加盟金は高額ですが、テレビなどで取り上げられることも多く人気です。ホームページには加盟金とロイヤリティの金額しか記載がないので、興味がある方は電話やメールで問い合わせるとよいでしょう。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
300万円 利益の30% 記載なし

 

おうちの御用聞き【家工房】

 

「地域の高齢者の第3の手になりたい」という想いがつまっている便利屋。

 

家工房

 

2018年設立のまだ若い便利屋です。加盟店の情報も記載がまだありません。加盟金、保証金、開業パックなどあわせて、200万円ほどで開業ができます。

 

10日間の研修、スーパーバイザーによる開業後のサポートもしっかりしており、便利屋を開業したいけれど未経験という方も参入しやすいしくみが作られています。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
100万円 月4万円 10日間

 

MIKAWAYA21まごころサポート

 

新聞販売店と便利屋のフランチャイズを組み合わせた新しい事業。

 

MIKAWAYA21

 

創業7年目のまだ若い企業です。現在、500拠点・30万件以上のサポート実績をもち、そのノウハウはもちろん、豊富なバックアップも評判です。ITツールや顧客管理システムなど、作業の負担削減ができます。

 

新聞販売店をされている所ととても相性がよいため業績を伸ばしています。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
60万円 収益の10% 3日間

 

便利屋本舗

 

S会員・A会員・B会員と3つのプランでの開業ができる。

 

便利屋本舗

 

創業20年、直営店3店舗、加盟店舗は14店舗と関東を中心に店舗を増やしてている便利屋です。

 

ロイヤリティの支払いも30,000円で固定され、毎月の負担が少なくすみます。横浜には宿泊施設がある研修センターがあり、技術指導はもちろん、経営指導までサポートも万全。いざというときのための総合保険もあります。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
21万円〜 月3万円 1日間〜

 

便利屋!お助け本舗

 

加盟金・研修費・資機材費などを含めて100万円ほどで開業できる。

 

便利屋!お助け本舗

 

2011年設立で、現在全国に約250店舗という急成長しているフランチャイズの便利屋です。広告塔に舞の海さんが起用し知名度も高く、ロイヤリティは月5万円程度。法人としての開業はもちろん、女性1人での開業、副業とされている方もおり、幅広い視野で活動ができます。

 

電話対応は24時間体制のコールセンターがあり、休みで電話が出れない時でも安心です。初期投資にお金をかけたくないという方には特におすすめです。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
10万円 月5万円 3日間

 

中規模・小規模の便利屋フランチャイズのメリット・デメリット

中規模・小規模の便利屋フランチャイズの大手との大きな違いは、初期投資の安さです。そして、本部と新規開業店舗が協力しあって、良い関係を築いているという所も大きなメリットといえます。

 

中小便利屋のメリット
  • 加盟金やロイヤリティが大手より安い。
  • 地域に根ざした活動ができる。
  • 大手よりも自由度が高い。
  • 仕事が多忙なら本部から援助がある。
  • 暇なら本部から仕事の紹介がある。

 

中小便利屋のデメリット
  • 研修・資機材費についてホームページに記載してない所もある。
  • 大手のような知名度もないので営業力が必要

 

サポートが充実したところや、研修中も給与が出る所、資格取得のサポートがあるところなど様々な特色があるので、大手よりも内容が濃い便利屋も存在します。

当サイトが調査した中規模・小規模便利屋フランチャイズ

株式会社オーライ

 

研修期間中でも有期雇用扱い。

 

オーライ

 

2005年設立で、現在仙台市に3店舗あります。研修は1年で、6ケ月コースの受講生は設備工事・電気工事・リフォーム工事・便利屋などの経験者のみです。便利屋は季節によって様々な作業があるため、現場をメインに社員と同行し、習得してほしいという理由があるからです。

 

研修を受ける方には宿泊施設もあり、給与も出ることから仙台だけでなく他に地域の方も利用できます。「第2種電気工事士」「産廃収集運搬」などの資格サポートもあり、じっくり実地研修を通して学びたい方にはおすすめです。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
108万円 記載なし 1年間

 

便利屋はなまるサービス

 

京都・大阪・滋賀近郊を中心にした、フランチャイズ展開。

 

はなまるサービス

 

フランチャイズの加盟料と、月間ロイヤリティの安さ、そしてサポート内容も充実した便利屋です。特に、開業時・開業後のサポートが充実しているので、はじめて開業するという方も安心できます。

 

研修があるという記載はありませんが、作業同行サポートがあり、何度でも受けることができるそうなので関西地区の方に特におすすめです。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
10万円 月1万円 何度でも

 

便利屋ねこのて

 

10日間の実地研修で、この研修期間は1日8,000円の報酬が出る。

 

ねこのて

 

「便利屋ねこのて」は便利屋・不用品回収業者を目指す方にノウハウを伝え、独立を応援してくれる関東圏にある便利屋です。

 

『便利屋ねこのて』では、「独立応援」なのでフランチャイズとは少し違うようです。そのため、ロイヤリティの記載はありません。加盟金は54万円なので、大手と比較するとそれほど高額ではありません。しかも、研修期間は報酬もあるので、メリットも多いといえます。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
54万円 記載なし 10日間

 

便利屋助人本舗

 

新規の方はロイヤリティが3ヶ月間無料。

 

助人本舗

 

「便利屋助人本舗」は関東を中心に活動している便利屋です。現在、新規の方はロイヤリティが3ヶ月間無料になり、便利屋を開業されている方に至っては加盟金0円で「助人本舗」として開業することができます。

 

企業の宣伝団長に、タレントの坂本一生さんがおり、広告宣伝にも力を入れている便利屋です。

 

加盟金 ロイヤリティ 研修
50万円 月5万円 記載なし

 

まとめ

大手・中規模・小規模の便利屋フランチャイズを比較してみると、それぞれに特色があり、目玉としているものもあります。

 

便利屋をはじめようと思うけれどフランチャイズには入りたくないという方には、便利屋を開業しようと思っている方向けの塾やコンサルもあります。

 

様々な面から考えて、これから開業する自分自身が納得できる条件であることを選びましょう。

このページの先頭へ戻る