便利屋コミュニティ

起業するときの資機材の料金・内容で比較

 

資機材費

 

ハウスクリーニングや剪定をはじめとして、便利屋は様々な作業を行わなければなりません。さらに、ホームページを作ったり、チラシ、制服など様々なものが必要です。

 

便利屋フランチャイズでは、こういった様々な資機材をまとめて購入することができる所もあります。

 

フランチャイズの便利屋の資機材費の比較

【大手】便利屋フランチャイズ7社

 

資機材費は開業に必要なものをセットで購入するという意味合いもあるので、必要経費と思いましょう。研修では道具の使い方などの説明もあり、勉強したものを揃えてくれるので、開業後もスムーズに作業に取り掛かることができます。

 

他にも、ユニフォーム・チラシやポスターなどの販促物・名刺などから、マニュアルDVDなどが含まれている場合もあります。それぞれの便利屋によって準備されている資機材も違うので、開業予算と相談しながら選びましょう。

 

MIKAWAYA21まごころサポート

1,700,000円

便利屋ベンリー

1,143,000円

便利屋!お助け本舗

802,285円

町の便利屋さんファミリー

800,000円

便利屋本舗

105,000円〜420,000円

家工房

300,000円

クライアントパートナーズ

記載なし

 

【中規模・小規模】便利屋フランチャイズ4社

 

中規模・小規模の便利屋の中に、資機材についてホームページに記載があるのは1社でした。

 

株式会社オーライ 記載なし
便利屋はなまるサービス 開業後3ヶ月まで道具は貸出がある。
便利屋ねこのて 記載なし
便利屋助人本舗 記載なし

店舗によって大きく違う資機材費の詳細

MIKAWAYA21まごころサポート

機材、ユニフォーム、初期販促物、ホームページ、システム登録など

 

1,700,000円

 

便利屋ベンリー

  1. 資機材パッケージ
  2. 技術サービスを提供する為の作業に応じた資機材。

    183,000円

     

  3. 販売促進パッケージ
  4. チラシやポスターなどの販売促進ツール。

    800,000円

     

  5. 管理・経理パッケージ
  6. スケジュール・スタッフ・顧客・売上管理などを行う為のもの。

    160,000円

    合計1,143,000円

 

便利屋!お助け本舗

ホームページ(PC・スマホ・携帯)制作、契約関係書類一式、開業時必要書類一式、営業ツール一式、販促物一式、印刷物一式(チラシ大小各1万枚含む)、制服一式等

 

802,285円

 

町の便利屋さんファミリー

便利屋開業に必要な資機材一式に、広告パンフレットやマニュアルDVD・ユニフォーム・ホームページ制作費20万円など

800,000円

 

便利屋本舗

  • S会員
  • 予算が限られている方、兼業・副業の方向け

    105,000円

     

  • A会員
  • 標準アイテムで開業したい方向け

    210,000円

     

  • B会員
  • 各種アイテムを揃えて開業したい方向け

    420,000円

 

 

資機材費の記載がない所もありますが、業務により様々な道具が必要になるので、多めの予算を用意しておいたほうがよいかもしれません。

 

このページの先頭へ戻る